【コロナ前】極品桑拿(The Excellent Sauna)の今 入店編【2020年1月】

はい今日も過去の感想ですね。
当然コロナ前の話。もうとっくに閉店してるかもしれませんし、再開してたとしても何もかもが変わってるかもしれません。
けどまぁ何も書くことがないから多少はね。

そんな前置きは兎も角、今日紹介するのは極品桑拿(The Excellent Sauna)です。
訪問したのは2020年1月上旬の平日。世界がコロナで騒ぎ出す前に行ってきました。

このサウナを選んだ理由は例によってなんとなく。
この時はクーポン使ったので、旅行店で適当に選んで決めました。

今にして思えばもっと考えて選べばよかったなぁ。

極品桑拿の場所

極品桑拿はマカオ半島側、名物リスボアホテルから徒歩3分ぐらいの所にある、グランドエンペラーホテルの10階にあります。

だから行くのは非常に簡単。
問題は目的階へはホテル客が結構乗ってるエレベーターに乗って行かないといけないのでちょい恥ずかしいぐらい…。

ちなみに各マカオ入国地点からリスボアホテルへの行き方を簡単に書けば以下の通り。
マカオバスターミナルから行く場合は、路線バスの「101X」系統に乗って終点までいってください。
マカオ空港から行く場合は、到着ロビーの右手側に行くとホテルバス乗り場があるので、そこからリスボア行きのバスに乗ってください。
マカオフェリーターミナルから行く場合もホテルバス乗り場があるので、そこからリスボア行きのバスに乗ってください。

ルートによっては到着時間の違いはありますが、どのルートも難易度は高くないです。

極品桑拿の大浴場

さてエレベーターで10Fまで行くとこんな感じになってますので、さっさと中に入ります。

中に入ったら店員が寄ってきて案内してくれるので、適当に付いていけばOK。その時にクーポンの有無も聞かれます。
今回はクーポンがあったのでこのタイミングで渡しました。

さてロッカーは普通のマカオサウナのロッカーとかわりません。
いつものように店員と自分の鍵が無いと開けれないタイプ。
まぁ普通だな。

てことでさっさと服脱いでバスタオル一つで大浴場へ。
極品桑拿はちゃんと大浴場があるサウナ。
私としてはやっぱり大浴場ある方がいいですね。

大浴場自体は若干小さ目。まぁ十分な大きさですけどね。
奥側にはシャワールーム。隣接するようにアカスリルーム。
これも特に特筆すべきことはない
浴場に入って左手はお立ち台になっており、ショーアップ(顔見せ)をやるのですが、それは後で書きます。

大浴場があるタイプのサウナだと浴場にアカスリとかしてくれる嬢が待機しているのですが、ここは一人だけでした。
選択の余地が無いのはかなしい事です。まぁ到着したの若干早いタイミングだったしなぁ。

極品桑拿のアカスリ

てことで今回は時間が余っていたのでアカスリを実施。
部屋に入って結構丁寧に施術してもらった気がしたのですが、10分程度で終了。

いやーいくら何でも短すぎやしませんかね…。
これで288MOPは完全にぼったくり。
店の教育が悪いのか、選んだ嬢が悪かったのか…。

極品桑拿の休息区

アカスリの後はもっかい湯船に浸かって、その後に休息区へ移動。
手元の記録では18時頃に移動とあります。
平日だったからか客は自分含めて2人だけでしたね。

ま、椅子に座ってとりあえず一服するわけですが、暇してたマッサージ師からさっそくマッサージを勧められます。
断っても断っても次から次へと勧められます。一体何回断ればいいでしょうかね。
しかも声かけてくるのはおっさんばっかり。
悲しいなぁ。

声かけられまくったおかげで黒服が肩や耳担当、赤服が大腿筋、それ以外の服が足裏ってことはわかりました。
まぁ全スルー。
結局21時頃までずっとゲームしてましたわ。

21時頃になるとさすがに客がちょっと増える。
と言っても10人ぐらいですけどね。

しっかし肝心のショーアップが一向に始まらない。
参考にしたブログでは大浴場であるって書いてあったんですが、全く案内がない。
流石に待っていられなくなったので、店員に女の子はどこで選ぶのか聞いたら、やっぱり大浴場に案内されました。

大浴場であってたのか…。
ここは定期的にショーアップするんじゃなくて、声かけたタイミングで始まるみたいっすね。

てことで続きは次回。